温泉の成分がコロナウイルスを不活化させる!?

温泉がコロナウイルスに効果がある!?

2021年に入ってもコロナ禍はまだ収まらず、温泉巡り・スパ銭巡りが好きな人々もまだまだ
自粛生活されている方が多いですね。

そんな中、大学の研究結果で気になるニュースが入ってきました。

 

温泉が新型コロナウイルスに効果がある!?

 

草津温泉に新型コロナウイルスを不活化させる効果がある

2021年2月、草津温泉で有名な群馬県の草津町と群馬大学大学院の研究結果として、

草津温泉の源泉に新型コロナウイルスを不活化させる効果があった、と発表しました。

※不活化とは、ウイルスが活動しない状態(仮死状態)になることをいいます。

 

不活化率のエビデンス

研究結果によると、草津温泉の源泉では、水道水と比べてはるかに新型コロナウイルスの不活化率が高かったようです。

資料の「湯畑源泉」と「万代鉱源泉」は、草津温泉を代表する源泉で、湯温はそれぞれ、約55℃と90℃以上になります。

温泉に含まれる硫黄(いおう)などがコロナに効くのかな!?

ただ、残念ながら、草津温泉のどの成分がコロナウイルスに効いたのかはまだわからないようです。

 

草津温泉、湯の花

いずれにしろ、何らかの効果があるのは間違いなさそうなので、気になる方は草津温泉♨の成分の入った湯の花🌸を自宅のお風呂🛀に入れてみるのもいいかもですね。

 

 

とにもかくにも、早くコロナ禍が収束して普通に温泉出かけられる日が来るのを願います。

 

#温泉とコロナ #草津温泉

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました